三重県戦略産業雇用創造プロジェクト

~次世代自動車関連技術の高度化と航空宇宙産業分野への進出に対応した雇用創造プロジェクト~


前のページに戻る

マイクロフォーカスX線CTシステム inspeXio SMX-225CT

用途
非破壊によりサンプル内部の3次元構造を観察することが出来るX線CTシステムです。
写真
X線CTシステム
マイクロフォーカスX線CTシステム
inspeXio SMX-225CT
株式会社島津製作所
仕様
X線発生装置 開放型
最大管電圧
最大管電流
定格135W
225kv
1000μA
X線検出器イメージインテンシファイア
CTステージ最大ストローク SOD軸
SID軸
Z軸
670㎜
400、600、800、1000㎜の4段切替
300㎜
搭載可能サンプルサイズφ300×H300㎜、最大9kg
最大CTスキャン領域(FOV)φ200㎜
スキャン方式ノーマルスキャン、ハーフスキャン、オフセットスキャン、FSスキャン、2DCT/CBCT
CTデータ収集時間3秒から30分まで任意設定可能
CT画像サイズ512×512、1024×1024、2048×2048
活用講座
  ・最新X線技術、X線CT装置 SMX-225CTの紹介
  ・X線 特別の教育
     電離放射線障害防止規則
     透過写真撮影業務に係る特別の教育

他の高度加工機について




前のページに戻る

ページのトップへ戻る