三重県戦略産業雇用創造プロジェクト

~次世代自動車関連技術の高度化と航空宇宙産業分野への進出に対応した雇用創造プロジェクト~


前のページに戻る

レーザー加工機

用途
  ファイバーレーザーによる溶接やマーキングなどをさまざまな材料に加工することが出来るレーザー加工装置です。
写真
レーザー加工機
レーザー加工機
株式会社レーザックス
(レーザ発振器:IPGフォトニクス社製)
仕様
加工装置 軸ストローク
繰り返し位置決め精度
テーブルサイズ
テーブル最大速度
X=500㎜、Y=500㎜、Z=150㎜
±20μm
300㎜×300㎜
200㎜/sec
レーザー発振器 最大出力
ファイバーコア径
波長
オペレートモード
変調周波数
2000W
100μm
1070~1080nm
CW
最大5kHz
固定加工ヘッド コリメーションレンズ
フォーカシングレンズ
焦点位置スポット径
f=100㎜
f=150㎜
φ150μm
ガルバノスキャンヘッド コリメーションレンズ
Fθレンズ
焦点位置スポット径
スキャンエリア
スキャン最大速度
f=100㎜

f=340㎜
φ340μm
200㎜×200㎜
6000㎜/sec

他の高度加工機について




前のページに戻る

メニュー

関連リンク

問い合わせ先

ページのトップへ戻る