三重ハイテクフォーラム
支援メニューSupport

三重ハイテクフォーラム

三重県内の中堅・中小企業が参加する異業種交流会として長年、活動を続けている。特に会員企業による小グループの研究会は時代の課題や次代を切り開くテーマを掲げて産官学連携による活動を展開している。このほか、講演会や県内・県外の工場見学、海外視察などを行っている。

役員

事務局

(公財)三重県産業支援センター 技術支援課
〒514-0004 津市栄町1丁目891 三重県合同ビル5階
TEL:059-253-1430
FAX:059-228-3800
E-mail:h-tech@miesc.or.jp

設立・目的

【設立】2003年3月7日
1981年に発足した三重県技術交流プラザが1984年三重テクノフォーラムに改称と、1988年に発足した三重ハイブリッドフォーラムを統合して、新たに設立したもの。

【目的】
急速に進展する技術革新、国民ニーズの多様化、さらには日本経済のグループ化に対応していくため、企業同士が結びつき、産・学・官が連携して、新製品や新技術の開発と新事業の開拓を推進していく。
【会員企業】
54社 個人16名 (2020年5月)

【会費】
法人6万円 個人1万円

事業概要

(1)県内工場見学会(県内・県外)
(2)講演会・交流会 (他団体との共催含む)
(3)海外研修
(4)小グループ研究会
(メカトロ技術開発、生産技術問題、ITマネジメント、福祉器機開発、新素材による商品開発、YEMF=若手経営者勉強会、三重ハイテクTMN=試作ネット)
◆活動実績